バーベキューの際の火起こしの方法

img-1

夏になるとやりたくなるのがバーベキューですが、その際の火起こしというのはなれないと中々うまく出来ません。


基本的にはそこまで難しくはないので、いくつかの注意点を知っておくだけで簡単に出来ます。

滋賀のバーベキューに関する情報を公開しているサイトです。

まず、用意としては最低限の用意として、炭と古新聞だけで起こすことが可能です。

バーベキューの焼肉についてお答えします。

その上で着火剤や内輪、ガスバーナーなどがあればもっと簡単につける事も出来ます。

バーベキューのレンタル情報は必ず役に立ちます。

こういった用意をしたら、まず炭と火種を設置します。


バーベキューコンロなどそこが浅い物の場合は、中央に丸めた新聞を置き、周りに細かく砕いた炭を置いた後に徐々に炭の大きさを大きくしていくようにしましょう。

フラワーギフト情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

そこが深い物の場合も基本的に同じですが、火は下から上に流れていくのでそこが低い器具を使う際に比べて上に積むようにしましょう。設置の際に大事なのは、風の通り道と火の回り方をしっかりと計算する事です。

フラワーアレンジメントを利用するなら此方のサイトです。

火は下から上に流れていく性質があるので、炭は横に設置するよりも上に設置するようにします。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1254418802

また火をおこすためには空気が重要なので、設置の際はあまり詰めすぎないようにして空気の通り道を確保します。


そのように設置した火種となる新聞紙や着火剤に着火しましょう。

http://top.tsite.jp/news/celebrity/o/34452300/

そうして全体的に火が回ってきたら、火の勢いが均一になるように炭を動かします。

この際バーベキューを行う工夫として、炭の量を調整してあえて火力にばらつきを持たせるという方法もあります。
ただしこの方法は火の回りが不均一になるので調整が多少難しいというデメリットもあります。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10156063930

関連リンク

img-2
バーベキュー場の予約と火のおこし方

バーベキューは海、山、川などの大自然の中で楽しむアウトドアーであり、管理施設などであれば、特別な道具などを持っていなくても楽しむ事が出来ます。但し、行き当たりばったりでは利用する事が出来ない事も有るので、予め計画を立てておくことと、施設への事前予約を行う事は大切です。...

more
img-2
バーベキューの準備と計画

アウトドアの楽しい季節、仲間内でバーベキューをしたいという話もでることでしょう。でも、実際にどうするか、となると、経験者がいなければ、何を準備していいか、どれくらいの費用がかかるのか、などわからないことだらけになります。...

more
top