自然の川で楽しむバーベキューとマナーについて

img-1

バーベキューを楽しむ人の中にはキャンプをしながら楽しむ人も居ます。



基本的に、キャンプと言うのは管理施設などで楽しむものなのですが、渓流の中にはキャンプをしても良い場所も有ります。

母の日にフラワーアレンジメントを調べるならこのサイトです。

この様なキャンプ場は、トイレなどの施設が在りませんし、管理者がいるわけでもありません。



また、キャンプ場に在る炊事場などは無く、洗い物をする時には川の水をバケツなどでくんできて、そこで洗い物をすると言った、原始的なキャンプを楽しむ事が出来ます。

バーベキューの肉情報が様々な条件で検索可能です。

渓流の水はとても冷たいため、飲み物などを網に入れて水の中に入れておけば天然の冷蔵庫代わりにする事も出来ます。


日帰りのバーベキューですと運転をする人はお酒を飲む事は出来ませんが、キャンプを兼ねているバーベキューなら思いっきりお酒を飲めますし、川の水で冷やしたビールは格別です。尚、このような場所でのキャンプやバーベキューと言うのは管理施設とは異なり自然を壊さないようにすることが暗黙のルールとして在ります。



バーベキューを楽しむため、河原の石を使ってかまどをつくり、木炭や木材などを使って火を燃やすと言う事になりますが、帰る時にはかまどは元の状態に戻してあげて、燃えカスなどは綺麗に掃除をしておきます。

http://blogos.com/article/218980/

また、洗い物は必ずバケツなどを使って水を汲んできて、川から離れた場所で洗い物をすることが大切です。
川は皆のものですので、下流でキャンプをしている人達の事を考える事や自然を壊さない気持ちが大切です。

https://okwave.jp/qa/q1555239.html

尚、自分たちが出したゴミは全て持ち帰るのもマナーです。

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/plus/hnews/20161101-OYT8T50098.html

関連リンク

img-2
バーベキューは情操教育にも適しています

バーベキューの魅力は、食材にそれほど手を加えなくても、加熱したり、油でいためたリすることで楽しめるところにあります。言い方を変えれば、誰でもがコックさんに変身することができ、周りの人にサービスできるところも魅力の一つです。...

more
img-2
バーベキュー場の予約と火のおこし方

バーベキューは海、山、川などの大自然の中で楽しむアウトドアーであり、管理施設などであれば、特別な道具などを持っていなくても楽しむ事が出来ます。但し、行き当たりばったりでは利用する事が出来ない事も有るので、予め計画を立てておくことと、施設への事前予約を行う事は大切です。...

more
top